60歳からの人生

しつこい頭痛・肩こりはストレートネックが原因かも|どんな枕がおすすめ?|治療方法は?

こんにちは!あーちゃんです!

頭が痛い!肩こりがひどい!
それ、ストレートネックが原因かもしれません。

ストレートネック

では、ストレートネックとは、どんな症状なのか?

また、どうしたら肩こりや頭痛の症状を軽減させることができるのかをひも解いていきたいと思います。

少しでも今の辛い症状が和らぐお手伝いができれば幸いです。

肩こり・頭痛は、ストレークネックが原因かも

ストレートネックの診断

♣いつも肩が凝って辛い!

♣いつも頭が痛くて辛い!

♣手がしびれることもある!

いつも鎮痛剤を飲んで取り敢えず痛みを抑えてるけど、段々と飲む回数も増えてきたし、効き目も弱くなってきたような気がする。

そんなあなたは、ストレートネックが原因かも知れません。

ストレートネック

一度、整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらい正しい診断を受けることをお勧めします。

ストレートネックとは、本来は首の骨がゆるやかにカーブして湾曲しているのに対し、前傾姿勢を続けることによって首の骨が真っすぐ(ストレート)になってしまっている状態のことです。

他の人からの見ると、前かがみをしているように見えます。

その結果、頸部の周辺に様々な悪影響を与えているのです。

整形外科では診察後に

♣飲み薬の処方
♣マッサージ
♣リハビリ(運動)など

その人に合った療法で、医師と患者が相談しながら、治療のスケジュールを組んでもらえます。

あなたの心に寄り添ってくれる病院を見つけ、疑問点は納得いくまで質問し、自分に合った治療法を見つけてください。

ストレートネックになった原因は?

男性よりも女性の方が関節が柔らかいため、情勢の方がストレートネックになりやすいと言われています。

原因としては

ストレークネック
  1. 長時間のデスクワーク
    デスクでの長時間の事務仕事やパソコンの入力作業などが原因
  2. 長時間のスマホ操作
    長時間続けてYouTube、LINEなどのSNS、またネットサーフィンをして、スマホを見続けている。スマホ首と呼ばれることもあります。
  3. 長時間の下を向いた作業(読書・手芸など)
    ついつい本を読み続けたり、コンを詰めて針仕事などの手芸をしている。
  4. 枕が合わない
    合わない枕を使用していると質のいい快適な睡眠を得ることはできず、朝目覚めた時に疲れが残っている。

などが考えられます。思い当たる節はありませんか?

質のいい睡眠を取るための枕選び

ストレートネックから発生する苦痛を睡眠で少しでも和らげるためには、適切な枕選びがとても重要になります。

睡眠中に少しでも頸椎への負担を減らすことが求められます。

ストレートネック

枕を選ぶポイントは

  • 枕の高さは10㎝以下が適当
    ストレークネックの方は仰向けに寝ていただきたいと思います。普段横向きに寝る習慣の方は徐々に仰向きに慣らしていってくださいね。
    横向きの場合はある程度の高さが必要ですが、仰向けの場合は高さはそれほど必要ありません。10㎝以下の枕が適当だと思われます。
    仰向けに慣れるまでの間は、ご自分で快適な向きで睡眠に入っていただき、日毎に徐々に仰向けに修正していくことをお勧めします。仰向けで寝ることがストレスになっては元も子もありませんからね。
  • 目的に合った形状
    最初は横向きに寝たい人にとっては、10㎝以上の高さがあった方が眠りに入りやすいです。高さがある部分と仰向けで寝ることができるようになった場合の高さの2通りあると便利です。その時々の快適な高さを選べる枕、首がすっぽりと囲まれる形状がいいですね。
  • 自分に合った素材
    アレルギーを持っている場合などは、綿100%などの素材選びにもこだわりたいところです。
  • いい店員さんとの出会い
    いくらいい枕を販売しているショップでも、こちらの相談内容、購入目的に対してきちんと聞く耳を持ってくれないとストレスを感じます。
    ストレートネックの知識があり、お客さんに対して親身に対応できる店員さんと出会いたいものです。
    いいお客さんが来店したと、オーダーメイド枕をやたらと勧めてきたり、名刺を差し出して来たら、その店員さんは営業目的でしか説明をしてくれませんよね。
    購入する側が納得いくまでお試しを繰り返し提案してくれたり、少しでも辛さを軽減できそうな方向にいざなってくれると、多少高額でも購入する決断ができます。

枕のオーダーメイド

もし、店内の枕を試してみてどれもしっくりこなかったら、自分に合った枕をオーダーメイドすることもできます。
ただお値段も高額になりますし、永久使用できるわけではなく、数年後にはメンテナンス・作り替えなどが必要となり、担当の方とは長いお付き合いになりますので、信頼のおけるパートナーとしてのお店選び、担当者選びをする必要があります。

整形外科におけるストレートネックの治療

初期の治療は、薬の服用により筋肉を和らげたり、痛みを軽減させながら始まります。

ストレートネック

リハビリテーションでは、週2~3回程度の通院で、ストレッチなどの運動の指導・マッサージを施してくれます。

徐々に改善を目指していく方向性です。整形外科に通院し始め治療を受けているからと言って直ぐに治るものではありません。気長に自分の症状と上手く付き合いながら、身体の改善をしていくと考えましょう。

まとめ

実は、娘がストレートネックが原因での頭痛・肩こり・腕のしびれに悩まされており、整形外科に通い薬を服用しながらリハビリを受けています。

少しでも痛みを軽減するために、枕を買い替えました。
大型ショッピングモールに入っている枕専門店にも行きましたが、おば様店員さんから怒涛の営業をされ、辟易してお店を後にしました。
その後、アウトレットの枕専門店でいい店員さんとの出会いがあり、気持ちよくいくつも試させてもらった結果、購入に至りました。
しばらく使ってみて効果のほどを確認したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます(^^)/

ABOUT ME
あーちゃん
子育て、孫育て、自分育てを楽しんでいる「あーちゃん」です。60代からの周りに笑顔があふれている人生をお届けしています。