グルメ

豆ビジネスで弥彦村の枝豆農家の収入が1億5千万!?がっちりマンデー

こんにちは。あーちゃんです。

がっちりマンデー!!で、新潟県、弥彦村の枝豆農家が紹介されます。

弥彦村の農家は、自治体が推し進める豆ビジネスで収入が潤っているとのこと。

弥彦村は、枝豆で1億5千万円を稼ぐ村なのです。

弥彦村の枝豆戦略で、農家も万々歳でニコニコです。

ここでは、弥彦村で枝豆農家を営んでいる、丸山雄太郎さんをご紹介しながら、その戦略と意気込みを深掘りしていきます。

最後までご覧いただけると嬉しいです(^ ^)/

豆ビジネスで弥彦村の枝豆農家の収入が1億5千万!?

弥彦村独自の枝豆選果場を設立して、新ブランド枝豆も発表!

枝豆の生産と出荷体制を強化するため、弥彦村は、村枝豆共同選果場を2021年9月に設立しました。

それまでは、枝豆農家が手作業で行っていた「洗浄」「選別」「袋詰め」を自動化することによって、各農家の労働負担を軽くし、尚且つ品質の均一化を図っています。

早生品種の枝付きのブランド枝豆「弥彦むすめ」は有名ですが、それに続くブランド枝豆として「伊彌彦(いやひこ)ちゃまめ」や「伊彌彦(いやひこ)えだまめ」を発表。

弥彦村村長

目標は専業農家が1億円プレーヤーになることだ!

出荷の手間が省け、生産の拡大にも一役立ち、村の豆ビジネスの戦略で弥彦村の枝豆農家が益々発展して、間違いなく1億円プレーヤーになることでしょう。

弥彦村は、村総出で豆ビジネスと向かい合っています。

「弥彦むすめ」は、弥彦村で生まれたブランド枝豆

「弥彦むすめ」は、弥彦村で生まれたブランド枝豆で、50年以上新潟で愛され続けています。

弥彦むすめの特徴は、鮮度を保つため各農家で一本ずつ丁寧に調整作業をした後「枝付き・根付き・葉付き」で出荷されるところにあります。

生産者さんは、「弥彦むすめ」という名前の通り、大切に育てた娘を嫁に出すような気持ちで枝豆を出荷しています。

枝一本一本を丁寧にチェックしてきれいに揃えたら、形が崩れないように束ねてから出荷するのです。

生産者さんが手塩に掛けて育てた枝豆を出荷する愛情が伝わって来ますね。

「弥彦むすめ」の他にも「伊彌彦(いやひこ)ちゃまめ」や「伊彌彦(いやひこ)えだまめ」にも力を入れています。

伊彌彦(いやひこ)ちゃまめは、ホクホクで濃厚で香ばしい!

「伊彌彦(いやひこ)ちゃまめ」は、ホクホクしていて、味が濃厚で、香ばしい枝豆と評判!

弥彦山から吹き降りてくる冷たい風と、ミネラルをたっぷり含んだ山から流れてくる川の水のお陰で、茶豆に甘味とうま味が備わるのです。

茶豆は、あえて「完熟一歩手前」で収穫するそうです。

何故なら、完全に熟してしまうと、甘味やうま味の源となるアミノ酸と糖分が減ってしまうからなんです。

勿論、出荷できない未熟な茶豆もありロスが出てしまいますが、生産者さんは、出荷のタイミングを逃さず美味しい茶豆が消費者に届くように頑張ってくれています。

枝豆で儲けている弥彦村を「がっちりマンデー」で紹介!

2022年5月22日のがっちりマンデーで、弥彦村の豆ビジネスが紹介されました。

この番組で登場した、枝豆生産農家の「丸山雄太郎」さんをご紹介しますね。

丸山健太郎さんは、弥彦村のファンを増やしたいという思いから「yahikofun(ヤヒコファン)」というウェブサイトを立ち上げた青年。

丸山さんは、枝豆の生産農家でもあります。

ドローンを使って、写真や動画を撮影し、弥彦村の魅力を全国に発信しています。

丸山雄太郎さん

弥彦村のファンを増やしたい!!

サイトでは、枝豆だけにとらわれず、お米をはじめ、苺なども紹介。

また、地元のお寺とタイアップして、弥彦村の魅力も発信しているようです。

是非、サイトをご覧になって、弥彦村にも一度足を運んでみてください!

こういった若者の力で、ドンドン日本全国の農業を発展させていって欲しいなと思いますね。

広告

豆ビジネスで弥彦村の枝豆農家の収入が1億5千万!?とがっちりマンデーのまとめ

豆ビジネスで弥彦村の枝豆農家の収入が1億5千万円稼いでいる?

弥彦村は豆ビジネスのお陰で潤っています!

村長さんも、「専業農家が1億円プレーヤーになって欲しい!」という思いで、村をあげて豆ビジネスを推し進めています。

そこには、村と生産者が一体となって、枝豆に対するこだわりと愛情を貫く姿勢が見られます。

がっちりマンデーでは、新潟県弥彦村の村長さんや枝豆生産農家の丸山健太郎さんを交えて、弥彦村が取り組んでいる豆ビジネスを紹介しました。

消費者の手元に新鮮で美味しい枝豆が届けることができれば、村も潤うという商売の原則を貫くことによって、生産農家さんが代を引き継いで続いて行って欲しいと思います。

仕込みを代わりにやる会社シコメル西原直良社長の経歴【がっちりマンデー】仕込みを代わりにやってくれる会社「シコメルフードテック」の社長、西原直良氏が「がっちりマンデー」で紹介されました。西原氏は若くして2002年に20歳で起業し、築き上げてきた人脈と戦略を駆使し、仕込みを代わりにやる「シコメルフードテック」を2019年に立ち上げました。店舗の仕込みを発注するのは専用のアプリで全てが完結。...
こちらの記事もおすすめ!